無料ブログ VS 有料ブログ

  • 2017.08.09 | ネットビジネス, ブログ, 稼ぐ |  251views

    無料ブログ VS 有料ブログ
    The following two tabs change content below.
    松岡 将吾

    松岡 将吾

    略歴
    全国民を対象とした「政府系案件」の戦略立案メンバーへの参画、 時価総額1000億円の東証一部上場企業のコンサルティング、 海外有名アーティストの日本でのプロモーション、 大物芸能人のDVD販売、金融業界の大物のプロデュースまで、 多種多様で大規模なプロジェクトを歴任。

    もっと読む
    数年前から情報販売ビジネスに参入し、 関わる案件は「全て」ヒットさせてきた、 通称「ミスターパーフェクト」。

    20歳で初めて東京に出た頃は、 パソコンの電源の入れ方も分からなかったが、 そこからデザイン、マーケティング、コピーライティング、 プログラミング、商品開発、広告戦略、マネジメントまで 「全てを独学」で勉強し、あらゆる角度から企画を仕掛ける。

    3年間で3本しか売れなかった販売者をプロデュースし、 1年間で5000本の販売に成功。

    全額返金保障をつけたにもかかわらず、 返金請求が1件も来ずにトータルで 1億5000万円以上を売り上げるなど、 販売力だけでなく健全性も兼ね備えている。

    子育てに注力するため、現在は募集を停止している
    個別コンサルティングは、過去に1時間最低100万円と かなりの高額に設定したものの、希望者が殺到。

    情報販売の世界で知る人ぞ知る大御所たちとも面識がありながら、 一切自分の名前も顔も表には出さずに、裏で暗躍してきた「裏のドン」。

    ここ数年はインフォトップ決済のみで 年間5億円を超える売上をコンスタントに達成。

    プロフィールを閉じる

    前回、ブログを書けば稼げるの?の記事でブログについてお話しましたが、今回はそれに関連する話をします。

    ブログは大きく2種類に分けることができます。それは「無料ブログ」と「有料ブログ(独自ドメイン)」です。私の周りで、これらの性質を理解しないまま、「とりあえず無料ブログで」書いている人が多く見受けられたのですが、それぞれのメリット、デメリットを理解しないと、いっこうにアクセスが伸びない、お金が稼げないブログになってしまいます。趣味でやるなら構いませんが、これをお読みのあなたはビジネスツールとしてブログを利用したいのでしょうから、ここで改めて説明しておこうと思います。

    無料ブログのメリット、デメリット

    無料ブログは現実のビジネスで例えるなら、ショッピングモールに出店するようなものです。アメブロ、FC2など、色々な企業が無料ブログサービスを展開していますが、それらが発行したアカウントを「無料」で取得して、ブログを始められるのが特徴です。

    そして、無料ブログの最大のメリットの1つが、すでにある程度の「アクセス」が集まっているサイトにブログを開通できる点です。先ほど無料ブログはショッピングモールに出店するようなものだとお伝えしましたが、ひと気のない通りにお店を出すよりも、集客効果の高いショッピングモールに出店した方が、特に新規出店者には有利に働くことは想像しやすいでしょう。

    実際、業界最大手の無料ブログの1つの「アメブロ」などは、それ自体に毎日膨大なアクセスが集まり、他のブログを見た人がそのまま自分のブログに流れてくるということもありえます。また、別のアメブロユーザーにサービス内でコメントを書き込んだり、メッセージを送ることもでき、接触した相手があなたのブログに訪問し返すということもあるため、アクセスを上げる上で非常に有利な環境が整っています。

    こうして見るといいことづくめのように思えますが、無料ブログにも最大のデメリットがあります。それは、運営元の会社の都合に振り回されてしまう点です。特に運営側が「不適切」と判断したアカウントに関しては、事前の通告なしに突然アカウントが凍結されるといった事態も近年珍しくありません。今からちょうど5年ほど前、アメブロを使ってスパム的にアフィリエイトを行なっていた人が、アメブロの逆鱗に触れて一瞬でアカウントを凍結され、それまで毎月数百万円あった収入が一瞬で0円になったことで話題になりました。

    また、無料ブログはレイアウトの自由もきかず、ブログのあちこちに無関係な「広告」を貼られてしまうのが通常です。「それの何が悪いのか?」と思うかもしれませんが、広告があると読者がそちらに気を取られてしまい、せっかく訪れた読者が離れていってしまうこともあるということです。

    機能面に関しても不自由を強いられます。某大手ブログサービスにおける、ブログの訪問者数が一目で分かる「アクセス解析」画面は、本来の数字の10倍以上に「水増し」されているというのは、業界に精通する一部の人間の間では有名な話です。このように、無料で利用できる分、不透明かつ不自由な面が多いのが、無料ブログのデメリットです。

    有料ブログのメリット、デメリット

    これに対して有料でブログを運営する場合はどうなのか?無料ブログを使わない場合、ブログを開設するには「独自ドメイン」を取得して、そこにツールやシステムを利用してブログを立ち上げる必要があります。「独自ドメイン」とは現実世界で言う所の「住所」のようなものだと思ってください。当然、住所だけあっても家もお店も無ければ意味がありませんから、そこにwordpressなどに代表される、無料で使えるブログ作成システムを利用してブログを構築するのです。「独自ドメイン」は、原則的に「年間いくら」といった具合で契約料が発生しますので、その点で「有料」ということです。

    有料でブログを開設する最大のメリットは、ほぼ全て自分の都合どおりにブログを運営できる点です。無料ブログと違って広告を勝手に貼られることもありませんし、自由度が高いのでオリジナリティの高いデザインに仕上げることもできます。

    また、ブログが充実してきて、アクセスが集まり始めてくると、Googleを始めとした「検索エンジン」にあなたのブログが評価されるようになっていきます。以前なら検索しても全くヒットしなかったようなキーワードで、あなたのページが検索結果の1ページ目などに表示されるようになると、あなたのブログへのアクセスは何十倍にも膨れ上がります。特定のブログ運営会社に依存しているわけでもないので、基本的にあなたがそのブログを消さない限り、インターネット上に「資産」として残り続けるのも、独自でブログを立ち上げる利点です。

    しかし、当然有料で開設したブログにもデメリットはあります。先ほど、無料ブログが「ショッピングモールへの出店」のようなものだと言いましたが、それに比べて独自ドメインを利用した有料ブログは、人通りのない更地にお店を建てるようなものです。開設当初は全くアクセスが集まるような状態ではありませんから、ブログ内のコンテンツを充実させない限り、いっこうにアクセスは集まりません。

    結局、どちらがいいの?

    以上のように、無料ブログも有料で運営するブログも、メリット、デメリットがあります。「結局、どっちがいいの?」と質問されれば、ビジネス用途であれば、私は基本的に「有料ブログ」をオススメします。無料ブログは手軽な反面、画面が広告だらけになったり、「お金をケチっている」という印象も与えかねません。そして最大のデメリットである「運営サイドの都合に強く振り回される」という点は見過ごせない点です。何ヶ月、何年も苦労して作ったブログが、ある日理由もわからずに「削除」されてしまう悲劇は、言葉では言いつくせません。長期的、かつ継続的な「資産ブログ」を作ろうとお考えなら、ぜひ少しの手間と資金をケチることなく、独自ドメインを取得した「有料ブログ」にチャレンジしてみてください。


    松岡将吾さんのLINE@はこちら

    松岡将吾さんへのメッセージはこちら

トップへ
© 2017 セラクル