ビジネスで稼げない最大の原因その3

  • 2017.08.15 | ネットビジネス, 情報販売, 稼ぐ |  280views

    ビジネスで稼げない最大の原因その3
    The following two tabs change content below.
    松岡 将吾

    松岡 将吾

    略歴
    全国民を対象とした「政府系案件」の戦略立案メンバーへの参画、 時価総額1000億円の東証一部上場企業のコンサルティング、 海外有名アーティストの日本でのプロモーション、 大物芸能人のDVD販売、金融業界の大物のプロデュースまで、 多種多様で大規模なプロジェクトを歴任。

    もっと読む
    数年前から情報販売ビジネスに参入し、 関わる案件は「全て」ヒットさせてきた、 通称「ミスターパーフェクト」。

    20歳で初めて東京に出た頃は、 パソコンの電源の入れ方も分からなかったが、 そこからデザイン、マーケティング、コピーライティング、 プログラミング、商品開発、広告戦略、マネジメントまで 「全てを独学」で勉強し、あらゆる角度から企画を仕掛ける。

    3年間で3本しか売れなかった販売者をプロデュースし、 1年間で5000本の販売に成功。

    全額返金保障をつけたにもかかわらず、 返金請求が1件も来ずにトータルで 1億5000万円以上を売り上げるなど、 販売力だけでなく健全性も兼ね備えている。

    子育てに注力するため、現在は募集を停止している
    個別コンサルティングは、過去に1時間最低100万円と かなりの高額に設定したものの、希望者が殺到。

    情報販売の世界で知る人ぞ知る大御所たちとも面識がありながら、 一切自分の名前も顔も表には出さずに、裏で暗躍してきた「裏のドン」。

    ここ数年はインフォトップ決済のみで 年間5億円を超える売上をコンスタントに達成。

    プロフィールを閉じる

    前回その前の記事でビジネスで稼ぐことが困難な人の特徴をお伝えしましたが、それに関連した話を今回もお伝えします。ちなみに前回前々回の記事を読んで「それは違うと思う」「松岡さんは間違っていると思います」と考える方がいるかもしれませんが、私としては別に、私の考えを押し付けるつもりはありません。私はこれまでに数千人以上の結果を出している方々にお会いしてきて、彼ら彼女らに例外なく共通していた、ビジネスで稼ぐことができる価値観、考え方をお伝えしているだけです。なので、「私の考え方が、唯一、絶対に正しい、他は全て間違っている」と主張するつもりはありません。あくまで、ご自身が得たい結果を得ている人の考え方を採用してもらえればと思っています。

    絶対に稼げない人の特徴3:決意や覚悟に逃げてしまう

    よく、これから稼ぎたいんです!という人と出会うと、鼻息荒く「絶対に成功します!」「絶対に稼げるようになりたいです!」と決意表明をしてくれる人が数多くいます。その心意気は素晴らしいと思いますが、残念ながら決意や覚悟だけでは、ビジネスで稼ぐことは難しいと言えます。

    確かに、人生を変えるスタート時期には「決意」や「覚悟」というものが、自分を奮い立たせてくれる部分もあります。しかし、それらは言ってみれば「カンフル剤」のようなもので、短期的にはやる気をもたらしますが、長続きはしません。短い人で1日、長い人でも1週間もすれば、あの時の決意は何だったのかと思うくらいに、やる気はしぼんでしまいます。

    決意や覚悟というのは響きが良いのですが、持続力に欠けます。人生は長期的なものであり、定期テストと違い、1週間や2週間で終わるものではありません。なので、短期間しか持続しない「決意」や「覚悟」だけでは、心もとないものです。そこで、私が決意や覚悟以上に人生を変える上で大事だと考えているのが「価値観」を変えることです。価値観とは、モノや人に対する考え方、捉え方のことです。

    例えば、前回の記事でお伝えした「全ては自分の責任であると考える」というのも、価値観の1つです。それが良い悪い、正しいか間違っているかは別にして、その価値観を採用することで、どんどん自分を改善することができます。一度刷り込まれた価値観は、決意や覚悟のように短期間でしぼんでしまうものではなく、持続的にあなたの思考、行動習慣を変えてくれます。人は自分の価値観に従い、思考、行動を決定し、その結果として今の現実があります。成功者と呼ばれる人は、成功者の価値観を成功していない段階から頭に刷り込むことで、望んだ人生を手に入れた人たちです。つまり、成功者の価値観を頭にすりこむことができれば、自然と思考や行動が変わっていき、望んだ人生が手に入る、ということです。

    価値観を変えることは難しい?

    こういう話をすると、「生まれ持った価値観を変えることは難しい」「価値観は変わらないのじゃないか?」と質問されることがありますが、そんなことはありません。確かに強固になっている価値観ほど、変えようと思うと強いストレスがかかりますが、変わってしまえばそれは一瞬なのです。海外旅行に行くと、日本では全く考えられなかった価値観に触れて、カルチャーショックを受けることは珍しくありませんが、それと同じようなものです。
    しかし、ただ闇雲に価値観を変えようとしても、頭では分かっていてもできないという事態に陥るでしょう。そこで、価値観を手っ取り早く変えるヒントを今回、特別にお伝えしたいと思います。

    それは、価値観そのものではなく「環境」を変えてしまうということです。そもそも、現在私たちが持っている価値観というのは、生まれ育ってきた「環境」に大きく左右されています。学歴にこだわる両親の元に生まれ育てば、「学歴は大事だ」という価値観になるでしょうし、「競争せずにのびのびと生きれば良い」という価値観の友人に囲まれて過ごせば、自然と競争意識は芽生えなくなります。

    つまり、「価値観」を変えたいなら、まず自分が属している「環境」を変えるのが一番の近道、ということです。受験勉強を頑張りたいなら、受験勉強を頑張る人たちとの付き合いをなるべく増やし、スポーツで勝ちたいなら、向上心が高い人たちに囲まれて練習するのが一番です。ビジネスでも一緒で、本気で稼ぎたいなら、絶対に稼ぎたいと考える人たちの輪に入って、その環境の価値観に染まることが、ストレスなく、自然と価値観を変えるためには重要です。

    価値観はいつからでも「上書き」可能

    まだパソコンの電源の入れ方すら分からなかった私が、現在のように毎年5億円以上をコンスタントに稼げるようになったのも、「稼ぐのが当たり前」という人に積極的に関わるようになったからです。もちろん、一朝一夕にそう思えたわけではありませんが、付き合いが長くなるにつれて、徐々に「自分にもできるかも」「自分にもできる」「自分にできないわけがない」という確信に変わっていきました。それは、決意や覚悟のように、一瞬でガツンと上昇するものではありませんが、決意や覚悟のようにある日フッと、急激に落ちるものでもありません。時間はかかりますが、価値観はどんどん「上書き」が可能で、長期的、継続的にあなたに豊かさをもたらしてくれます。

    こんな話をすると、「自分の価値観は大事にしたい」と抵抗する方もいらっしゃいますが、何も現在の価値観を否定しろというわけではありません。私がここでお伝えしている「価値観を変える」というのは、イメージとしては「広げる」という感じです。いたずらに価値観を否定することは、排他的な思想につながりますが、これまで自分が採用してこなかった価値観を受容することで、より多くの人を理解できるようになり、自分自身の考え方も豊かになり、引いてはそれがあなたに経済的な豊かさももたらしてくれるようになります。

    一度聞いたくらいではピンとこないかもしれませんが、ぜひ騙されたと思って信じてみてください。


    松岡将吾さんのLINE@はこちら

    松岡将吾さんへのメッセージはこちら

トップへ
© 2017 セラクル